コピー機をリースするメリットをココに大公開

設計のIT化で効率アップ

メンズ

図面に関する技能が必要

工場で製品や部品を製造する場合、それに先立って設計図を書くのが一般的です。正確な設計図を書くことで、品質に優れた製品を作ることができます。これまで設計図といえば用紙に書いていましたが、今はcadと呼ばれるパソコンを使ったシステムを使うとより効率的です。パソコン上で設計を行うことができるため、図面の作成作業が早くなる上に図面管理も楽になります。パソコン上で設計というと難しく感じるかもしれませんが、求められるスキルや能力はそれほど高度なものではありません。まずcadはパソコン上で動かすため、パソコンを扱えるスキルが必要になります。基本的な知識さえ身につけていれば、問題なく操作できます。cadによって操作の方法が異なるため、これに関しては使い続けることで習得する以外にありません。ですが操作も大方統一されているので、あるcadソフトで習得したスキルは他のソフトに移行した時でも役立ちます。パソコンのスキルに加えて重要となるのが、図面を作る能力です。cadでも図面に関する作法は変わっていないため、それを習得していることが求められます。逆に言うと、図面の読み方や作り方がわかっていないと、cadを使いこなすのにも時間がかかることが予想されます。最近のcadは、図面を立体的に作図できる3Dタイプが主流になりつつあります。ポリゴンや曲線を自由に扱うことでさらに複雑な立体を作れる反面、作図の仕方についてはオブジェクトを立体的に把握する独特な感覚が求められます。