コピー機をリースするメリットをココに大公開

インク代が安い事が多い

コピー機

運用コストが安くなる

コピー機のレンタルやリースは、本来10万円から40万円もするようなコピー機を毎月数千円で利用できるサービスのことです。印刷枚数が多く、修理の手間も減らせるのが大きなメリットです。インク補充代金は徴収される場合もあります。しかし、毎月の支払い価格にメンテナンス費用やインク代金が含まれている場合はコストカットが可能です。大型のコピー機になるほど修理やメンテナンスに掛かるコストは大きく、紙詰まりの修理にも手間がかかります。リースで利用できれば本体の交換にかかるタイムロスも減らせるので、リスクが減ります。コピー機リースを導入するとコストカットできるだけでなく、最新機種を安く導入できるというメリットもあります。一定の契約期間が設けられる場合はあります。しかし、それでも毎月3000円から4000円程度の価格でリースできれば、新規でコピー機を購入するのに比べるとリスク回避になります。事業のスタートアップや印刷品質が求められる場合には、市販の安い家庭用コピー機を使うよりも利便性が高いです。リースのコピー機を利用していると、毎月の料金に応じて使える端末が変わることがあります。上位互換機種があれば、数百円の追加料金で、もっと高機能なコピー機を導入できるでしょう。チラシやパンフレット印刷などが必要になる時には特に便利です。印刷物を主な商品にする場合はリースのほうが運用コストが下げられて収益に繋げやすくなるため、リースは効率的に活用しましょう。