コピー機をリースするメリットをココに大公開

新機種が格安で利用できる

コピー機

コスト減につながる導入技

コピー機など複合機を導入する際に本体を購入する企業は非常に少なくリース契約で導入する企業が多いです。その理由は単にコピー機本体が高額だからということではなく、経営上リース契約で導入したほうがメリットがあるのです。コピー機などを購入する場合、その所有権は購入した企業になるので企業の資産となります。固定資産に対しては減価償却が必要となりますし、固定資産になるので税金の対象になることもあります。減価償却すること、税金の支払いにも事務作業は必要なので、リース契約することで事務処理を減らすことができる点はメリットとして高く評価されています。そのため、コピー機の導入はリース契約を採用する企業が多いです。リースは新品にしか適用できないので、常に最新機種を利用することができます。中古のコピー機でもよいとお考えの方も多いですが、最新機種は印刷にかかるコストが削減されているモデルが多く電気代も安いので月々の負担を少なく新機種が使用できるのもおすすめです。また、もう一つのメリットとしては、初期費用がかかからないことがあげられます。コピー機を購入すると一気に現金が出ていきますが、キャッシュフローが悪くなるので経営が難しくなります。コピー機購入の費用が現金で用意できず購入となるとローンを組むことになりますが銀行の審査は厳しく、リースの審査のほうが緩いので審査が通りやすくなります。リースにするメリットとして、毎月の経費としてリース費用は扱うことができますから運転資金の見通しが良くなり、キャッシュフローの改善に繋がります。

ラミネーター

表面を保護する

ラミネートは、紙などをフィルムで挟み込み熱によって圧着させるものです。ラミネートすることで耐久性や耐水性が増すメリットがあり、法人向けでは会員証や診察券、またレストランなどのメニューなどに使われています。

メンズ

設計のIT化で効率アップ

パソコン上で設計図を書くことができるcadは、自由度が高く効率的な作図を可能にしていることから急速に普及しています。パソコンを使って設計するため基本的なPCスキルに加え、図面を読み取り作図するための知識も必要です。

コピー機

インク代が安い事が多い

コピー機のリースではメンテナンス費用を節約でき、インク代や修理代もほとんどかからずに済む場合があります。印刷物を商品にしている事業では特に運用コストや初期費用を節約できます。そのため、スタートアップ事業などで特に役立ちます。